30代メンズファッションのトレンドは何?~流行アイテム熟読書~

男性

紳士としてのマナー

メンズ

ファッションを楽しむこととしてアイテムの使い方や選び方、マナーなどについて知っておくことが大切です。ファッションは格好だけでなく、紳士として接していくことが大切なのです。

取り入れるべきアイテム

ハンサム

メンズファッションとしてジャケットやデニムなどいろいろな組合せをすることで、いろいろなファッションを楽しむことができます。オンラインショップでも確認することができ、参考にすることが

ファッションの知識

男性

メンズファッションとは、男性用の衣服およびその流行を指す。
その歴史は古く、1636年頃にネクタイの原型と言われるスカーフ状の装飾品クラバットが流行、17世紀中頃にシャツやベストの原型とされる、膝丈のキャソックと呼ばれる上着が着用されるようになった。
その後、メンズファッションのシルエットや丈のバランスは変化を重ね、19世紀末~20世紀初頭には身体にフィットするジャストサイズのバランスが主流であったのが、1920年代には着丈が長いルーズなシルエットへ、その後スマートなアイビースタイル、色鮮やかなサイケスタイルを経て、90年代から現在に至っては再び身体に沿ったラインが復活、スリムなシルエットが人気を博している。

ジャケットとは上着の種類であるが、そのカテゴリーは広くさまざまな形が存在するが、多くは前開きで袖付きのものをさし、稀にプルオーバーといい、頭から被るタイプのものもある。ジャケットの丈はヒップライン程度のものが多く、短いものでウエストライン程度のものをさし、これより長いものはコートとなる。起源は16世紀の男性用上着のジャック(jack)であるとされている。その当時は、今よりも丈が長くベルトでまとめていた。日本では、古くはジャケツと表記、表音されていたが、現在はジャケットと呼ばれメンズファッションだけでなく老若男女に広く用いられている。特に30代メンズファッションでは、愛用しているアイテムの一つである。

デニムとは、綿の糸を綾織りした生地のことである。
太めの綿の糸によって織られているので頑丈で厚みがあり、インディゴで染色されてデニム生地となる。速乾性に優れ耐久性があるため、衣料品の生地として使用されることが多く、ジーンズの生地に用いられることで有名である。デニムの厚みはオンスという単位で示され、厚みがあるほど衣料用の素材としては重宝され、綾織りの折り目も左綾と右綾があり、ジーンズメーカーによって使い分けられている。30代メンズファッションには欠かせないアイテムの一つだから知っておくべきだろう。

トレンドファッションとマナー

男の人

今トレンドになっているファッションとしていろいろなスタイルがあります。フォーマルでカジュアルな場所でも紳士としてかっこよく決めることができます。マナーやスタイルについても知識をつけておきましょう。